稼げる優良パチンコ屋の見つけ方 / 天井狙いは、何時までOKなのか

便りのないのは元気なしるし。

元気に負け続けております、ワルイです。

結果は散々なのですが、内容はわりに積めております。

スロットのお気に入り登録を増やし、新たにラインやメール会員にもなり、出陣の時間も遅くずらしたのが功を奏している感じですね。

ところで、いいお店、つまり勝ちやすい、拾いやすい。

さらに言えば、ぬるいお店は、どうやって見つけるかの話をしようかと。

まず、地域によって、客層は違いますよね。

レベルの高いのは、若い人が多く集まる街。

大学や専門学校などが多くある地域は、おしなべてレベルが高い。

逆にレベル低いのは、年配の人が多い地域でしょうか。

東京なら、浅草 巣鴨といった地域ですね。

それと、特に天井やゾーン狙いに限って言えば、狙い目のお店があります。

駅前の店や、郊外店でも、お店が固まってある店でなく、ポツンと一軒だけ、孤島的他と隔絶された店。

大きなお店は独立峰でも集客力がありますから、腕に覚えアリの人が集まります。

だから狙い目は中型店や、小型店ですね。

結局のところ、天井やゾーン狙いのやりやすさは、捨てる人と、拾う人の需給バランスによりますから、年配者が多いエリアは、捨てる人の多いエリアで、郊外型独立独歩店は、基本、拾う人が少ないエリアで有利になります。

天井やゾーン狙いの人は基本的に、幾店舗を巡回していると思うのですが、ぽつんと他から一軒はなれたお店は効率も悪いですからね。

それで拾う人が回ってこないんですね。

結果 ノーマークのみょ~にぬるいお店があります。

僕もそういったお店を一軒をもっていまして、昨日も6時代でミリゴの600後半(675 698)が2台続きであったりもしました。それも結構長く放置。

駅前や、客の多い大型店でなら さくさくととられちゃいますよね。

ただこういったお店を店回りに入れるなら、どうしても足が欲しいところ。

車でもいいですが、やはりバイクですね。

それも原付でない(移動時間の早い)125CC以上のバイクでの店回りが有効となりますね。

それと こういったお店が有効になるのは、そのラインナップも大切ですね。

天井やゾーン狙いに、有利な台の配置が多いこと。

今なら、ATノースルーが狙えるバジ絆を筆頭に、ミリゴ アナゴの台数が多いこと。

駅からも離れ、東西南北、他のお店から数キロ離れていても、狙える台が少ないと話になりませんから。

これからは消されたルパンが多い店も、狙い目ですね。

p-world には お店からの他店までの距離を提示してくれる機能がついていますよね。

p-world

これで 狙い店をある程度 絞り込めるかもしれません。

 


スポンサーリンク

天井狙いは何時まで打てるのか?

上の話が、(空間的)の需給バランスの崩れだとすると、(時間的)需給バランスの崩れもありますよね。

上にも少し書きましたが、日曜日など、みんなが帰り始める頃合いがチャンスです。

以前は6時40分ころに、お腹も減ってくるので帰宅していましたが、今は日曜日は7時半近くまでパチ屋にいます。

日曜の7時あたりから急速に拾いやすくなる現象。

これはサザエサンシンドロームに由来する現象だと思われます。

しかし、7時前後になると、ミリゴやアナゴの700あたりが落ちていても悩むんですよね。

この前も、865ゲームあたりの、(800のヘル高確抜け)の台があり、座ったものの、時間は7時15分。

少し考えて、ジャグラーのいい台でも探そうと、スルーしたんですよね。

ただ 4時や5時ではこういったゲーム数でも、もうあまり落ちていないですよね。

厳しさが増している時代です。打ったほうが良いのかもしれない・・・わけで少しまとめてみよう

そこでひとつ科学的な目で、ミリゴアナゴプレミアムビンゴあたりの、時刻よる押し引きを考えてみようかと。

つまり 何時までに天井到達えきればいいのか、という命題ですね。

まず、1時間で回せるゲーム数。

ミリゴやアナゴは、あまり回せないと感じます。
特にATに入り、15枚役の払い戻しの時間も長いですから、AT中もさくさくと回せない感じ。

そこで 1時間で730回としますか。

ビンゴは、ベッドボタンがない画期的仕様で、あのち〇このような、レバーオンだけで回せますから、1時間で800回としましょうか。

そして恐怖の肩たたき、「おやめください」
閉店時間は10時50分とします。

ミリゴやビンゴを 7000枚出すには・・・
純増3まいで  2333ゲームとなります

ミリゴ アナゴ  だと2333ゲーム回すのに、3時間12分。

つまり7時38分に天井到達していないとダメ。

ビンゴの場合、2333ゲーム回すのに、2時間55分。

つまり7時55分までに天井到達していないとダメ。

閉店を考慮した天井狙いのポイントとして、メダルが自動補給かどうかも、問題となりますよね。7000枚も出るには、自動補給でない手動の店は4回~5回くらいはコイン補給の時間が取られます。約15分くらいかなぁ。

7000枚まとめ

ミリゴ  7時38分までに天井到達 手動店 7時23分まで

ビンゴ  7時55分までに到達  手動店  7時40分


まぁ、現実問題 7000枚超えは確率的に殆どないですから、6000枚越えバージョンも書きましょう

2000ゲーム回すには

ミリゴ 2時間45分かかるので 天井到達8時5分でOK  手動店7時50分

ビンゴプレミアム   2時間30分かかるので 8時20分 手動店8時5分までOK.

ミリオンゴッドで言えば、(自動補給のお店で)6時50分で700ゲームあたりでも打てる計算になりますね。

7000枚、6000枚出れば、まぁいちおう満足ですよね。

細かい計算を立てずとも、経験的に、ミリゴやアナゴ天井から、個人的には6000枚オーバー 7000枚オーバーは未経験ですし、なかなか出る枚数ではないですよね。

簡単にまとめると、ゴッドシリーズの天井到達時間

7000枚なら 7時38分 手動補給 7時23分
6000枚なら 8時20分 手動補給8時5分

上記の時間に天井到達なら、やる価値はありますね。

良く落ちているゲーム数のミリゴの700ゲームあたりなら天井まで800ゲームですから1時間10分かかるわけで、6000枚なら7時10分、7000枚なら6時28分あたりが、打ってもいい目安でしょうか。

6時半(7000枚)から7時10分(6000枚)までと覚えときましょう。

取り切れずも 稀に出るはずですから、 期待値を6000枚バージョンなら500円ほど、7000枚バージョンなら300円ほど、引いておきましょう。

 

それでも仮に期待値4000円くらいの台なら、3500~3700円の価値くらいはありそうですし、期待値をとことん積み上げるなら、やる価値もありますかね。

ただ、ミリゴもビンゴも一撃で万枚のある数少ない台なんですよね。

閉店間近、アメージンググレイスが流れることほど悲しいことはない。

だから、こうした台の7時以降の天井狙いは精神的にしんどいんですよね。

 

 

下はミリオンゴッド ストック隠しの動画です

http://youtu.be/UUFYwd_3c08


にほんブログ村

 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ