ワイドナショー メンタリストDaiGoが松本人志のマッジックテープを当てたからくり

どーも、ワルイです。

いつもならサンジャポを見ているのだが、ザッピングでフジのワイドなショーを少し見ていた。

ウィッシュじゃない

北川景子と付き合っていない方の

竹下登の孫でないほうの

メンタリスト、DAIGOが出ている。

彼は、松本さんに向かい

用意した赤、黄色、青の3つのマジックテープから一つを選んでくれと言う。

そしていつもように、

「赤、青、黄色、どれを選んでもらってもいいんです」

「赤でもいいですし、青でもいい」

「青でもいいですし、黄色でもいい」

「いいですか? 赤、青、黄色どれでもいいんです」

などの何か意味ありげな、なにやら心理作戦的な、妙に絡ませた言葉を投げかける。


スポンサーリンク

そして

「僕はあちらのほうに」

と、席を立ち、

斜交いの席の山崎アナの向かい

松本さんが3つの中から

マジックテープを選ぶ前に

見えないように反対側を向いて、

そのうえ山崎アナから、目もふさいでもらう。

松本さんは、青を選ぶ。

DAIGO「それでは、3つのマジックテープをかき混ぜて」

かき混ぜる松本さん。

山崎アナが手をどけて、松本さんの横の席へと戻るDAIGO。

また先ほどの要領で、松本さんへ言葉をあてるDAIGO。

「青ですか?」

様子をうかがい

「赤ですか? 黄色ですか」

様子をうかがい

「黄色ですか?青ですか?」

ぐっと覗き込み

「赤? 黄? 赤?」

などと揺さぶるように、何度も質問をぶつける。

そしてまぁ、見事に青を当てたわけです。

わっと驚きの声。

DAIGOはそれからメンタリストとして、講釈するわけです。

探りの段階で、松本さんが、かすかに言いよどむ、緊張を走しらせる、云々。

たぶん、そんなことじゃないと思うんだよなぁ。

僕は非メンタリストだけど。

DAIGOが席に戻る最中に、カメラ側には、DAIGOのマネージャーが立っているだろうから、そこで単純な合図があったんじゃないのかなぁ。

帽子をかぶっていたら、青。

セカンドバックを胸のところで持っていたら、赤。

メガネをはずしていたら、黄色。

みたいな。

言いよどみや、緊張で100%は当たらんでしょ。

洞察が優れていれば、3分の一よりは当たる確率をあげれるだろうけど。

失敗のきかない生放送で、100%当てるのは無理ゲーだ。

席の戻る最中に、わからぬようにちらっと眼の端で、マネージャーを確認できればいいわけだから。

これでわかるのは、マジシャンと名乗るより
たぶんメンタリストと名乗る方が、だいごだいぶ儲かるってことなんだろうなぁ。

トランプロイヤルストレートフラッシュ

メンタリスト!

かっこいいもんね。

彼はメンタリストとしてお店のコンサルなんかもやっているみたいだけど
マジシャンじゃ、コンサルに呼ばれないもんね、たぶん。

関連記事

タモリ氏の闇スキル! 笑っていいともが32年間続いたワケを知りたくないですか?
☆君☆押☆我☆嬉☆

にほんブログ村

スポンサーリンク

2 Responses to “ワイドナショー メンタリストDaiGoが松本人志のマッジックテープを当てたからくり”

  1. てけてけ より:

    その手は散々言われている穿った見方ですね。
    以前そのようなことを「からくり」として発表してる記事がありましたがそれは捏造と書き手が言いましたが真偽は見る人次第ですよね。
    とりあえずあの番組は生放送ではないのでそこは間違いです。

    • warui より:

      てけてけさん、コメントありがとうございます。
      てけてけさんは、あれは全くの種無しという考えなのかな。
      だとしたら、見解が違いますね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ