パチンコ屋のグランドオープンで倉を建てよう

どーも、ワルイです。

グランドオープンで倉を建てよう。

略してグラ倉の時間です。

僕は最近、北斗強敵、ルパンなどまず天井が狙えない新基準機が徐々に増えてきたせいで、平日は打たず、もっぱら土日スロッターに成り下がっています。

もう少しスロやパチを触りたいなぁと。

そこで年末にかけてパチンコ屋のグランドオープンも探せばあるでしょうから、久々に今年の年末は参戦してもいいかなぁと思ったりもしています。

まずはグランドオープンする店の探し方

パチンコパチスロ情報島

あとは、P-WORLDで探すのもありですよね。

自分の住んでいるエリア、周辺のエリアのパチンコ屋は把握されていると思うから、見慣れない店名が入っていれば、新規準備中の店ということになりますよね。

スポンサーリンク


ところでネットで情報を拾えない時代は、どうやってグランドオープンを探していたかご存知ですか?

僕はその時代参戦していなかったけど、主に新聞の求人欄を見て、新しい店ができるのを見つけたそうです。

新しい店ができるときは、ある程度まとまった人数を求人しますからね。

グランドオープンが多い時期

赤い服着たサンタクロース

恐らく年末が一番多いと思うけど、GW、お盆などの連休となる手前も多いですね。

グランドオープンの余勢をかって、連休中にも足を運んでもらいそのまま定着してもらおうとの算段でしょうね。

グランドオープン参戦の手順

まずはグランドオープン、何週間前(2週間前あたりが多いかな)に新規会員カード募集を始めて、その会員カードを作る時に、グランドオープンの整理券も合わせてもらえるといった流れが一般的でしょうか。

ただ最近は、グランドオープンの整理券配布には、地元住人でないとだめだとか、条件もあったりしますよね。

それと会員カードを作る時は免許証か、保険証など身分証明書が必要になります。

せっかく何時間も並んで、やっと順番がまわってきた。

財布を取りだして中を見る。あ、やべ、免許忘れた。

あの~と、きんにくん的なGOLDジムの会員証を恐る恐るさし出してみる。

店員  (((゚Д゚)))

もちろん、TUTAYAカードでもだめですから・・。

グランドオープンの参戦当日

通常一日目は13時オープン。二日目が12時オープン、3日目が11時オープンと営業開始時間が違うことが多いですよね。

それと、閉店時間も店の予想以上に玉が出てしまっただとか、予定より早めに切りあがることも、ままあったりします。

だからグランドオープンは割の高めのAタイプとか、連ちゃん性の低めか、連ちゃんを早く消化できるパチンコ台が打てるとベストです。

さてグランドオープンは儲かるのか

僕はもう、6、7年、いわゆる整理券をもらっての3日までの参戦は一度もないんですよね。

正直なところ、グランドオープンに出さなくなってしまった。

初日の整理券をもらおうと思えば、受け付け開始3時間前くらいには並ばないとだめだし、初日の整理券をゲットしても、当日は開店1時間前には店に集合しろとのお達し。

で、やっと入店できても指定された台の前で、うるさいだけのマイクパフォーマンスを聞きながら、何十分も待機してなければいけなかったり。

そして玉を交換するときも、グランドオープンはみなさんぎりぎりの時間まで打たれるから、玉を流すのも両替するのも、いちいち凄く待たされる。

待て! おあずけ! 待て!

と、グランドオープンはほんと大変。

ではその苦労に見合った玉が出るかというと、そうでもない。

費用対効果では、とても釣り合わない感じ。

それゆえ、もしグランドオープンに初めて行こうとされている方は条件を絞ったほうが良いかと思います。

➊ マルハンなど体力のある店。

➋ 地元住民限定でのグランドオープンの店で打つ

パチンコ、スロットの初心者の方で、そのお店が体力と還元力のあるお店か見当がつかない方は、当日、少しでも空台があるようなら、一発も打たず家に帰るのがまず得策です。

評判のよろしくない某チェーン店のグランドオープン初日に行ったことがあるんですけど、初日から空き台あり。

当時はまだ認識が甘く、さすがに初日だぜと、たかをくくってスロを打ったんですが、どう見ても全体中間設定以下というかおそらく殆ど低設定。

希望的観測は、いかんといい勉強になりました。

そして、地元住民限定という条件は、開店プロが締め出されますから、店側もしっかりと赤字還元してくれる可能性が少し高まります。

クッションボール

色とりどりのビリヤード玉

上記のような理由で、年末にかけグランドオープンの店を探すと言っても、グランドオープンそのものに参戦する気はないんです。

その近くにある体力のありそうなパチンコ屋を選定するんですね。

随分と昔のことになります。

某店がグランドオープン予定。

300メートルくらい離れたところに、中規模のお店がありました。

パチンコもスロットも、時折打てる台がある客付きも悪くない店。

グランドオープンするお店は悪名高きチェーン店でしたが、結構キャパが大きな店でした。

これは距離感と言い、その規模と言い、開店が近づくとその中規模店が、奮起するじゃなかろうかと、仕事帰りにもしばしばチェック。

知り合いが何人かいたので、こまめに状況を聞くと、案の定悪くない。

そして近傍店のグランドオープンがいよいよ迫った週末、仕事休みの土曜日に、気合を入れて早めに朝から並び入店。

一番期待した、そして何より打ちたかった、羽物の釘をまず見たんですよね。

ぎょぎょぎょ!!

角台の1のチャッカーが馬鹿でかい。

2度見するくらいの大きさでした。

羽物なのに3万発超の大爆発。

投資は羽物なので僅かだったので、9万くらいの勝ちだったか。

目立つところ、それも釘を開けた結果が一番出やすい羽物に入れるだろうとの読みがばっちり当たった結果でした。

100回打って100回勝てる夢のような台でしたね。

まぁ、こんな会心のホームランはなかなかないわけなんだけど。

それでも近隣のグランドオープンに刺激を受けて、体力のある店ががんばるというのは、良くある話。

特に年配の人はジャグラーや海など、打つ店を決めると、地蔵になりますからね。

この上客を新しい店に横取りされたくないと、とりわけジャグラーや海のシマは還元する傾向にあるでしょうね。

スポンサーリンク

ねだるな!勝ち取れ!

グランドオープンから、ひどく出玉率が低くても、3週間、4週間後あたりに時間差で急に甘くなるお店があります。

これは開店プロ、軍団対策ですね。

イナゴのようにわっと群がる彼らがうまみがないと雲散霧消したころに、還元を始めるわけですね。

すぐに見限らず、しばらくまめにチェックするのは大事です。

かようにグラウンドオープンも直球勝負で攻める時代ではなくなりましたが、攻めようはあるのかなって思います。

まぁ、祭りみたいなものですからね。

儲けてやろうというより、友人と乗り打ちでもしながら、楽しみながら参戦するのもアリかもしれません。

出ても、出なくても、後年、酒のつまみになりますからね。

そんでまぁ結論としては現状
グランドオープンで
倉は建たんよと。

でもちょっとだけチャンスかな

☆君☆押☆我☆嬉☆

にほんブログ村

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ