スロット パチンコで借金を抱える同志へ

競馬 パチンコ 舟 オート

もう、ずいぶん昔のことだ。

20半ばのころ、僕は実に色んなものにまみれていた。

俗塵にまみれ、シキジョウにまみれ、そして借金にまみれていた。

その額、実に150万。

亜混む、愛降る、ほのぼのさん。

たくさんの街金から借金をしていた。

親がかりの身分ならともかく、安月給で一人暮らしをしていたから自由に使える額は、かかだが月に3、4万。

当時は街金の金利が異常に高く、3、4万の返済では利息でその多くは相殺されてしまった。

気付けば、いつのまにかメルトダウン寸前であったのだ。


スポンサーリンク

年二回あるボーナスをそっくり返済に回せば、2年かからず全額返せるだろうが、2年の禁欲生活はあまりにつらい。

停泊する白い豪華客船

しらずエスポワールに乗り込んでいたわけであった。

さすがに焦るのである。

ここらでなんとかしないと。

30万、50万と借金がじわじわと膨らんだのは、ギャンブルが原因だった。

大井競馬

船橋競馬

江戸川競艇

中央競馬。

まれに船橋オート。

そしてパチンコ屋にもホタルノヒカリが流れるまでしばしば居座った。

そう、やさぐれてはいなかったつもりだが
何ものにも金をかけたがった。

大井競馬にボーナスの60万を入れた賞与袋をそのまま持って行ったこともある。

最終レース前には風前の灯、3万円くらいになっていた。

しかし、その3万も帰りの電車賃のみ残して勝負に出たのである。

ただ、さすがに1点買いの蛮勇もなく、2万と1万の2点買い。

レースは混戦だった。

最後の直線。
「いけ、おりゃ!」
声をからして、叫んでいた。

そして赤黒くなった僕は換金所にいた。

怒ったような顔をして大枚を受け取った。

58万、その殆どを取り戻したのだった。

まぁ、こんな馬鹿なことをしていれば、いきおい借金は膨らむわけで。

むしろ良く、150万程で留まっていたともいえる。

競馬や競艇はもうだめだ。

ただ、パチンコでどうすれば勝てるのか、パチンコ雑誌を愛読していた僕はその理屈だけは分かっていた。

そこでパチンコで返済したるわと決意したわけである。

パチンコ天国 東京の甘い街

そこで、アホはアホなりに考えたわけだ。

ぬるい地域はないかと。

そこでまず候補に挙がったのが。

新橋駅、駅の看板

サラリーマンの聖地、新橋。

当時は交換率も低く、持ち玉遊戯が圧倒的に有利な時代。

当時僕は平日休みであったため、仕事の合間に打ちに来るサラリーマンがやたら多い新橋は、どう考えても有利だろうと。

もう一つは

浅草花やしきの観覧者

土地が痩せていて、草が生えないことがその地名の由来となっているダウンタウン、浅草。

こちらは、場所柄、若い人が少ない。

今も昔も、年配者のほうが、打ち方はぬるい。

地元でも普通に勝てる店もあったのだけど、この2つの対照的なエリアを中心に休日は打つことに決めたわけだ。

新橋は思惑通りだった。

時間に追われる平日のサラリーマンパチンカーは、いい台でも打ち切ることはまずなかったし、そのおかげで大体あぶれることなく、ある程度期待値のある台に座り続けることができた。

ただ浅草は事情が違った。

思いのほか、店の出玉率が低い。

そしてこんなことがあった。
個人的に3連休で、2日連続であるデジパチに座った。

期待値がやたら高いというわけじゃなかったが、店は空いているし、角台で環境が良い台だった。

当時は凄く玉を大きくぶっこ抜かない限り、1、2週間でも釘が変わらないなんて今では信じられないような対応も普通にあって、3日連続で、その店に朝から並んだ。

地元じゃないが、遠慮なく一番手。

そして開店となって、その台に直行すると、すでに見慣れない洋モクが置いてある。

洋モクの横には、高級そうな金色のライター。

いかにもスジモノといった持ち物だ。

「・・・」

そこでもうあらかたを理解して、すぐに店を変えた。

店長だが、店員だかわからない。

お店と関係のあるスジモノに、台をあてがったということなんだろう。

小さな店だし、お前はもう来るなという示唆でもあったかもしれない。

それからも浅草は何年か通ったが、軽めのトラブルは何度か遭遇し、そういう因襲の強めの土地柄とも言えた。

そうこうして、半年後。

僕は150万の借金をすべて返済していた。

利息なども考えると、26、7万のペースで返済したんだと思う。

その殆どは休日メインのパチンコで稼いだ部分だ。

このストイックな勝利体験を足掛かりに、僕はそれからもずっと、気付けばパチンコの年間収支では負けなくなっていった。

パチンコで勝つための技

鋳型にはまったような人生はつまらないと思う。

だからこそ僕はやみくもにギャンブルに血道をあげていたんだと思う。

ただ借金を背負い、周りに迷惑をかけたりするようであれば、これは良くない。

すさむばかりだ。

借金はいつまでもずるずると引きずるものでなく、どこかできっちりとかたを付けなければいけない。

今もパチンコやスロットで借金を抱えている人は多くいるだろう。

これは以前の日記でも書いたのだが、パチンコで勝つためには3つのスキルが必要となる。

ひとつは、情報力。

ふたつ目は、しっかり攻め切ることのできる軍資金 資金力。

みっつ目は、遊び打ち、養分打ちを一切しない、精神力。

とりわけ3つ目の精神力、精神技術は大切だ。

打ちに行かなけりゃ負けないじゃんって、さんざん言い古されてきたパチンコアルアルだが、まさしくこれ。

遊び打ちをしなければ、長期では絶対負けない。

パチンコやスロットでできた借金を、なにもパチンコで返さなくとも、バイトや副業で返してもいいわけだ。

ただ、時間的な都合や、会社員で副業禁止の方もおられるだろうから、現在どうやってパチやスロで返すかという話を少しだけ続けよう。

パチンコでなかなか楽には勝てない時代

僕が150万の借金を極めて短期間で返せた時のような甘い時代状況では現在ない。

パチンコ屋はどこも青息吐息で還元力がなく、情報の一般化によって、打ち手のレベルも横並びになってしまった。

だからこそ、いかに踏み込むか。

数年前、僕が千葉の浦安に住んでいたころ、学生時代の後輩が隣駅に越してきた。パチ仲間でもある彼は僕にこう言った。

「閉店チェックの情報を共有しませんか?」と。

隣駅といってもすぐそばの駅だし、僕は彼の提案に乗り、彼が4軒、僕が3軒、都合7軒、週末に閉店チェックをした情報を共有するようになった。

もともと閉店チェックは嫌いで、家のそばのパチンコ屋に月、1、2回の頻度でチェックをするくらいであったが、この7軒の閉店時の情報はかなりの効果があった。

あと数ゲーム、数十ゲームで天井という、負けようのない台を何度も打てた。当然、良く稼げた。

ただ、借金があるわけでなく、僕は閉店チェックのモチベーションが強くなかったりもして、この共同戦線は2か月ほどで解消された。

現在においても閉店チェックは、間違いなく有効であると思う。

それも当然、閉店チェックの店舗数が増えるほど、かなり強力な武器となる。

当日育ちを簡単に取れるほど、現状は甘くない。

しかしながら、やってみたらわかるが、閉店チェックはあまり気分のいいものではない。

普段できるだけ目立たずスマートに勝とうと立ち回っているのに、空いた閉店間近の台のチェックは、店にとっては養分打ちをしないありがたくない客として認識されるだろう。

勝ち意識の高い、ライバルたちと顔を合わせるのも苦手だ。

スロやパチで能動的に勝ちに行く

今や、ネットで無料で簡単に情報を取れる時代になった。

でもそれらの情報を受動的に仕入れるだけではだめだ。

時に、情報を出し惜しみする人もいるだろうし、サンプルが少ないために不正確であるとして、すぐに情報を上げない人もいるだろう。

ゾーンなどはデータロボなどのサイトを見れば、少ないサンプルでも、ある程度のことがわかると思う。

例えば、ゾーンがなくフラットなゲーム性と考えられていたアナザーゴッドなどは少なめのサンプルでも、400と800のゾーンが怪しいというのはデータをある程度チェックしていれば、すぐに見極められたはずだ。

情報の伝播が異常に速い時代。

自ら調べ、俊敏に動くことが稼ぐためには一層必要な時代かと思う。

それと天井期待値の算出。

多くの人が算出しているので、信頼できそうな人を参考にすればいいと思うのだが、ざっくりとしたことろは自分でもある程度把握していたほうが良いかなと思う。

例えば、大当たり確率400分の一で、天井が2000回。

分母の5倍ハマリで天井到達の台。

天井到達率は、0.67%

150回に1回しか天井に行かない。

つまり5倍ハマリだと、天井機能が機械割(設定1だと97、8%くらいかな)に殆ど影響していないわけだ。

これだと、天井到達率15%(この場合750ゲーム前)あたりから打てば、(ATか疑似ボが付いてくるわけで)損益分岐は軽く超えてくるのが実感としてわかるだろう。

はまり確率はエクセルでも出せるけど、すごく便利なサイトがあります。

ハマリ算出ツール

数学的には不正確でどんぶり勘定であっても、だいたいの打ち初めの感覚を自分で持つようにするのは大事かなと。

あと、一応、天井恩恵も考慮しましょう。
天井恩恵の強い台は当然早めから打てます。

( 疑似ボとATで構成される台の場合、もちろんATが天井恩恵としてつくケースの方が恩恵は大ですね )

僕はパチンコ勝利至上主義というわけでもなくて、お金に余裕がある人は、負けの遊びのパチンコでも、いいと思っています。

ただ、借金漬けのギャンブルは気持ちがささくれますからね。

遅かれ早かれ、どこかで完済することを決めなきゃいけない。

今の時代、着実に返すには、よりストイックに、能動的にやる必要があるかなって思います。

長く続いた借金をすっきり完済した日にゃあ、ショーシャンクのような抜けるような空が待っていますぜ。

白い雲青い空沖縄

☆君☆押☆我☆嬉☆

にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ