パチンコハザードマップ

綺麗なバラには棘がある

ネットに出ていたのだが、綺麗な地名には注意が必要らしい。

日本全国共通で、「希望」 「光」といった明るいニュアンスを使った地名は、近年に作られた新興住宅地が多い。

ただこういった地名の由来は、古い災害と関係していることも多いらしい。

その災害の暗いイメージを払しょくするために、あえて明るい地名を付けたということなのだろうか。

千葉県の松戸には二十世紀が丘という、しごく明るい、浦沢 直樹 在住かも、っといった夢のような土地もあったりする。

たしか、あそこも江戸川が近い。

 

東京で思いつくのは練馬の光が丘か。

あそこも荒川に近いなぁ。

 

これはその記事に書かれていたのだが、多くの人の憧れる目黒区自由ヶ丘は、ハザードマップ的には危険な土地柄であるらしい

そしてまた「蛇」の付いた、地名もやばいらしい。(理由はオミット)

それでまた、津留という地名も危ういよっと。

津留は、鶴から言葉が来ており、近傍の川が鶴の首のように、曲り、蛇行しているといったことらしい。

たとえば、大阪市鶴見区放出など。
ここは鶴の字と、放出と水が出るイメージが2つ重なっていますね。


スポンサーリンク

 

それではパチンコ屋ではどうなのか

日本は小さくて、それでも広い。

1万近くのパーラーがある。

 

こんな店があったら要注意だ。

トイレを借りるくらいで、ゆめゆめ遊戯しようとは思わないことだ。

パーラーウハウハ

パーラーご奉仕

フィーバー成金

 

オレオレ詐欺、キャッチセールス。

甘い言葉、綺麗な言葉には、裏がある。

 

パーラお単

パーラ忍耐

こんな店の方が信頼でける。

 

☆君☆押☆我☆嬉☆
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ