北斗の拳強敵の動画配信はひとつ髭原人の方向で

テレビ覚えてますか?

テレビ観ていますか?とするところを

マクロス的に、テレビ覚えていますか?と急遽変えてみた。

冴えてる気がする。( ´_つ`)

今日の日記は激しく冴えている気がする。

天津的に、今日はいける気がする~~。

どーも、ワルイです。

最近、テレビって存在感が実に薄らぎましたよね。

お笑いも、ドラマも20パーセントを超える番組もないし、

「ねぇ、昨日あれ観た?すごかったよね~」

的な会話ももう日常じゃあ、ほんとしなくなったし、聞かなくなった。

で、テレビを観ない生活がどういうことをもたらすかというと、どうも日本人である意識を希薄にしている気がするんですね。

あまちゃんで、岩手県久慈市の方言や風習を知り、巨人阪神戦で日本の西と東を意識する。

自分が日本という土地に生きている。

日本の文化と日本語という言葉の中で息をしている。

つまりテレビがその潜在意識を静かに植え付けているんですよね。

ヒトラーは勇壮で重厚なワーグナーの交響曲を、ドイツ人を束ね、そして国威発揚におおいに用いた。

テレビ

たぶんテレビという装置もそれと同じ。

おおつもごり、紅白を観る。

ああ、自分は日本人なのだなぁとしみじみ思う。

いわば、テレビという箱が日本人のナショナリズムを醸成していたのですね。


スポンサーリンク

スロブログ管理人がエラソーに

どうしてこんな大層なことを思ったかというと、でちゃうの動画で、サトシーニョが、バイオ6の打っていたからなんでした。

僕は動画配信では初見でした。

僕は以前、こんな記事を書いたんです。

バイオハザード6とエンターライズの未来
まぁ、少し要約しますか。

エンターライズは、ういち氏との間に確執がある。

モンスターハンター月下雷鳴において、アイルーを猫と呼び、モンスターを恐竜と呼び捨てる、ういち氏にゲームの世界観が壊れるとクレームを入れたのだが、ういち氏がその言い分を不服とし態度を変えなかったためか、エンターライズはういち氏にエンターライズの台の動画配信を一切NGとした。

そしてバイオ6も動画配信がされなかった。

これはういち氏との確執からくる話ではなく、動画配信においてエンターライズのチェックが他メーカより厳しくやりづらいことから、動画配信業者全般が結果として、エンターライズの台を触らなかったようだ

 

バイオ6、遅きに失した感は否めないが、やっと動画で流れたんだなぁと。

@youtubeで検索すると、大手配信元ではBASHテレビのよっしーも少し前にバイオ6を触っている動画がありますね。

 

先のテレビの話じゃないけど、ブログやツイッターなど静的な表現媒体より、やっぱり動画って扇動力、影響力がでかいんですよ。

ブログで、打ち方手順を説明されている方もいるけど、やはり動画で、第一リールここを狙いますとやったほうが、いかにも強いしわかりやすい。

今、元気がないのはパチンコホールだけじゃないでしょ。

打ち手も、メーカーも元気がない。

だからせめて動画で盛り上げていかないと。

この前ね。とある解説動画を観たんですわ

なんとなく観ていたのだけど、その人、とにかく声が小さい。

ぼそぼそぼそ

まったく覇気がないんですよ。

ぼそぼそすぎて、何を言ってるかわからないし、でも逆になにか面白くもなって、短い動画だったからこちとらずっと見ていたんですよね。

一渡り説明が終わると、彼はカメラの方をしっかり向いて少し微笑んで

「みなさん、どうでしたか?」

100%声が小さいわ(・ε・)

あれで良く成立すると思ったなぁ。

 

つーことでここは北斗動画解説は真打の

髭さんでお願いしたい。

最近も「髭原人に打たせてみました」でサンダーVリボルトを紹介していたけど、めりはりがあって、やっぱり解説が抜群にうまい。

ぼそぼそ星人を見た後だけに余計にそれを感じた次第でした。

明日はシーサ。の特集を。

☆君☆押☆我☆嬉☆
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ