北斗の拳強敵がこけたらパチンコ屋は?スロット北斗導入前夜祭・朝まで生ブログ

パチンコホールの救世主となりうるか! そこ、ベタと言わない!

どーも、ワルイ ソウイチロウです。

いよいよ北斗、ホールデビューの前日になりましたね。

単にビックネームのお出ましというだけでなく、パチンコスロット業界ににとって極めて重要なイベントになりそうです。

レジャー白書によりますと、2014年のパチンコ遊戯人口は180万人増えたとか

信じられないですよね。

2011年ー前年より410万人減
2012年ー前年より150万人減
2013年ー前年より140万人減

そして2014は、180万人の増加に転じた。
それでも前年より売り上げは大きく下がっているんですよね

売り上げは会計上ごまかせないけど、客の数なんて、アバウトな把握でしょうからね。

う~ん、実にうそくさい。

パチンコ店を複数エリア、複数店舗、回られている方は実感としておわかりだと思うけど、僕も平日と週末、店回りのエリアを変えていて、駅前店も郊外店もそれなりの店舗数行ってますが、おしなべて客は減っている。

レジャー白書が、粉飾水増しするのは、おそらくパチンコホールへの、銀行の融資に絡んだ配慮でしょうかね。

売り上げは年々下がり続け、客数も減り続ける、これじゃあとうぜん銀行もお金貸してくれませんからね。


スポンサーリンク

みんなでこければ怖くない

新基準機になって、これは!という会心台はなかったですね。

割に稼働が良かったのが、ゴッドイーターくらい。

あとはもう、せいぜいポテンヒット止まり。

そのうちホールも新基準機に期待を寄せなくなったのか、スロ新台の導入台数自体も控えめだし、そうそうに撤去されることもありました。

だからやはり、ケンシロウしか頼むところはないんですよね。

では北斗は行けるのか、やれるのか!

大物案件だけに、PVも多数の解説動画も流れましたが、掲示板などでは基本的には辛い評価が多いですね。

これは前にも書いたのだけど、シリーズものが受けるには、小改革でなく、大改革をしないと、今は難しいんですよね。

ギミック、CG、演出

打ち手はもう大概の事では驚かないし、ひどく贅沢になれてしまった。

動画を観る範囲では、結局今度の北斗は、世紀末と転生の踏襲なんですよね。

聞きなれない地名、風景じゃないんですよね。

青い交通標識

擦れっ枯らしになった我々打ち手は、それがどんな土地だか、小賢しくあらかた想像できちゃう。

スロ歴が長いと、打つ前の予感。
これは悲しいかな、結構当たる。

良い意味で裏切られることを願いたいですね。

  もし北斗がこけると

今までなんとか踏ん張ってきた弱小店は、結構ばたばたとつぶれるんじゃないでしょうかね。

財政的困窮が強まるのもあるけど、精神的な困窮とでも言いましょうか。

新基準機では、客はつかない。

もうだめだ・・・小さな箱のパチンコ屋の未来はないと、失望感は結構なものだと思いますよ。

ただじり貧で今後上向くことはないと感ずれば、商売に見切りをつける判断に至るところも少なくないでしょう。

今、平日のホールに夕方に行ってもゲーム数がゼロだったり、大当たりがセロだったり、珍しくないですよね。

ホール関係者でなくとも、儲かってないのは一目瞭然です。

ぎりぎりのところでなんとかしのいでやってきたが、その緊張がプツンと切れちゃう。

利ざやのでかかったのは過去の栄光。

パチンコ屋をやめ、ほかの商売に鞍替えする。

パチンコホールにとって物理的精神的、ターニングポイントになりうる台ということですね。

渦潮

たぶん、その大きな潮目に立つ台ということです。

9月7日ホール導入なわけですが

正月、GW、お盆。

この3つが一年のうち、もっともお客が集まるシーズンですよね。
さすがにこの時期は、過疎っている店も、売り上げはあがる。

パチンコ屋にしてみれば、店を閉じるのはこのシーズン後がベストになるはず。

ただ悩ましいのは、奇しくも今、お盆が終わって間もない季節。

正月までは、まだ4カ月もある。

もし北斗が大きくこけたとき、店の経営をとりあえず正月までは様子を見るかとは、ならないと思うんですよね。

だからほんとうに、北斗の人気でホールの命運が左右される気がします。

がんばれ! ケンシロウ。

待ったなしDAZE!

☆君☆押☆我☆嬉☆
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ