魚拓さんが、例の朝比奈問題に関して、髭さんに苦言を呈した件について個人的意見を語るよ

どーも、ワルイです。

この記事は、3日前に書いた

木村魚拓 解体新書 / 年収・年齢・エトセトラ

の中で章にあたる部分を一部空白にしたため、スピンオフとして本編とはあえて分けてここに書くことにしました。

朝比奈ユキさんの事件はもうずいぶん前の話であり、蒸し返しすかっこうとなり、正直彼女には悪いのだけど、僕がこれに触れる本意は別にあります。

ただ、事情が分かっていないと、ちんぷんかんぷんな話なので、簡単に流れを書いておきたいと思います。

5/28 メガガーデン所沢スロット館

朝比奈ユキ、プロデュースによるイベントがあり、朝比奈ユキが、仲間を引き連れ、高設定ジマ(サラ番)を占拠したという出来事。

当日、彼女は、ヘルメットとおる氏(イベントゲスト)と、朝の7時半に来店、並び順、一番を確保。

(知り合いライター)戸田氏も彼女に呼ばれ、開店10分前に店に到着すると、(彼の弁では)打ちたい機種に座れず、サラ番に着席。

つまりサラ番に3人、ライター陣が腰かけたわけですな。

@(更にもうひとり彼女の知り合いのライターが来たものの、彼は全く遊戯せず、帰ったとのこと * 実は座りたかったが、満席だった、と、そこらへんはわからない)

盛り上がるサラ番の島。

その状況を知った彼女の知り合いが、ツイッターのやりとりで、彼女に向けて「ハーデスが全6なら俺、行くわ」との軽口的メッセージ。
それに対して、「考えとくよ」と彼女は返信。

実践途中で、彼女は6確演出をアップする。

 

朝の一番奪取も、知り合いが高設定ジマに座る事実も、ツイッターのやり取りも、6確アップも、ネット時代ですぐに拡散するわけで、炎上する材料はてんこもりなんですな。

この事に対して、魚拓さんがニコ生で語った話。

木村魚拓ニコ生

ある店に、まあ俺は行ってなかったんだけど
DVDの収録したわけですよ、立ち回りの。

したら、あん時なんだっけなーアクエリオンかマクロスか忘れたけど
2台が止め台になってました、そこを狙いにいこうとしたらそれが5と6だったんすよ、

それを髭原人となんちゃらが来て打って、
止め台を打って、換金して帰ってるんすよ

そっちの方がよっぽどお前、ってはなしじゃないですか
だからそこまでほじくったら・・・朝比奈はそういうのはしてない
さも悪い事をしたような流れになっているが、そういう事はしてない


スポンサーリンク


まぁ、ざっくりとこういう話の流れ。

魚拓さんがいたホールは、黄昏☆びんびん物語でおなじみ、田端の将軍らしいですね。

ういちさんが言うように、店側の設定示唆は普通にあることだろうし、朝比奈さんが設定を教わっていたのは、状況的にかなり黒だと思うんですよ。

だとすると魚拓さんの主旨は、こうですかね

髭さんは、自ら設定5、6を店に要求し、かつ自分でその台を確保する労力も使わなかった。その点が、朝比奈より悪辣だと。

文脈上はそうとしか考えられないですよね。

ただ、僕は髭さんがそんなことをしたとは思えんのですよ。

集客という点では、今や魚拓さんを上回るかもしれない、髭さんに店側が勝手に高設定と、打つ台をお膳立てしたんだろうとしか思えんのですよ。

そうなれば、ギャラをもらって店に行ってる以上、断るわけにもいかず、玉が出れば、そりゃ、交換もしますよね。

もちろん、この事案も、僕はニコ生を見ていないし、魚拓さんの話のニュアンスもわかりません。

ただ、必勝ガイドにも、無道X氏のホール絡みの不祥事が過去にあったわけだし、他の会社の、それも魚拓さんより、業界歴の何年も浅い、髭さんをスケープゴートにするようなやり方にしか見えんなぁと。

真偽は部外者なのではわかりかねる、でもどうもフェアじゃないよなぁ、と。

魚拓さんにしては失言じゃないかなぁと。

言わなくていい話じゃないかと。

もちろん髭さんが、設定6を要求していたかどうかは、霧の中ではありますよ。

 

上記の話は、3日前に木村魚拓 解体新書というコラムを書いたとき、魚拓さんと、髭さんの対比などを書いたので、この絡みも章としてあったほうがいいかなって思って、その流れで章を設け、そしてスピンオフとしてここに書き添えたわけです。

まぁ、最近の話でないし、些末な話でもありますよね。

どーでもいい!

おっしゃる通り。

ここからが、このどーでもいい数カ月前の古い出来事をあえて取り上げた主旨になります。

ネットがこれだけ一般化して、ほんとの事、嘘の事、が錯綜しています。

色んな人が、日々、掲示板やSNSで話題になります。

自分が好きなアイドル、歌手、スポーツ選手、スロットライター。

自分が思いを寄せる人が、その渦中に立たされることもあるでしょう。

そして憶測やデマも飛び交って、真相は一層混沌とする。
 

そんな時はね。

信じりゃいいんですよ。

自分が好きな人を。

アイドルが好きな人だって、なにもそのうわべだけで惚れたわけじゃないんでしょう。

その子の中身も見てるんでしょ。
 

僕は前に書いたように、はじめ髭さんの圧が苦手だった。

でも何度か観ると、その高いプロ意識とサービス精神に脱帽した。

そして、ピーとれを見てる時ね。

髭さんが、雑談を始めたんですよ。

髭さんは、だいぶ歳の離れたある人に世話になっていて、その人に誘われる形で、でちゃうに入ったそうです。

恩師のような存在だそうです。

髭さんの、表情が緩んだように見えました。

幾つかの感情が彼の胸に、刹那去来したような表情が見えました。

髭さんは、給料が安いとか会社の悪口を叩いてましたから、この話を聞いて、得心がいきました。

スケジュールを見るとね、ほんと髭さんは休みがないんですよ。

彼は、この恩師のためにも、仕事にまい進している所もあるんだろうなって。

どこでもやっていける人だろうに、だからこの会社に留まっているのかなって。

お金はもちろんモチベーションには、なります。

だけど、それだけの人じゃ、この人全然ないんだろうなって。

その話を聞いて、語る彼の表情を見て、さらにぐっと僕は彼に心を寄せました。

 

朝比奈さんと、魚拓さんの話は、ほんと、どうでもいいんです。

数カ月も前の話ですから。

こうやって取り上げるのも、2人には迷惑でかなりうるさい話です。

ただこれらもツイッターやニコ生のネットが絡んだ話でしょ。

情報ばかりが過多に、飛び交う時代。

色んなものが入り乱れて、時に気持ちが揺らぐこともありますよね。

ほんとうのことは、当たり前だけどただひとつ。

事件なんてものは現場に居合わせなきゃ、そこに流れる空気や事情はとても、つかみきれないものですよ。

仔細がわからなきゃね、それはもう

自分が信じている人を、ただ信じりゃいいんですよ。

だけど、もし真実が違った時、裏切られたなんて、おセンチなこと言っちゃいけませんぜ。

その時は自分の目が節穴だった、って笑えばいいんです。

まぁね、これが言いたかったわけで。

☆君☆押☆我☆嬉☆
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ